くらし情報『菅田将暉&小松菜奈W主演で壮大な愛の物語を描く! 中島みゆき「糸」が映画に』

2019年6月10日 05:00

菅田将暉&小松菜奈W主演で壮大な愛の物語を描く! 中島みゆき「糸」が映画に

Photo by cinemacafe.net

様々なアーティストたちがカバーし、幅広い世代に親しまれている中島みゆきの名曲「糸」に着想を得た映画の製作が決定。菅田将暉小松菜奈をW主演に迎え、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く。

ストーリー

13歳、初恋。2人は遠く引き離された。
21歳、再会。過ぎた時間は取り戻せなかった。
31歳、現在。もし、もういちどだけ、あなたとめぐり逢えたとしたら…。
人は奇跡のような確率で、誰かとめぐり逢っている。
これは、運命に引き離された2人が、再びめぐり逢うまでの壮大な愛の物語。

JUJU福山雅治らがカバー! 名曲「糸」

『キセキ -あの日のソビト-』『雪の華』『小さな恋のうた』と、近年、名曲をモチーフにした映画の公開が続き、『ボヘミアン・ラプソディ』『さよならくちびる』といった音楽映画もアツい。

そんな中、今回映画のモチーフ曲となる「糸」は、中島さんが知人の結婚式を祝して作り、1992年10月に発表されたアルバム「EAST ASIA」収録曲を経て、1998年2月に「命の別名」と「糸」の両A面でリリース。

糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った楽曲は、ドラマや数多くのCMに起用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.