くらし情報『衝撃!人気女優を殺したのは洗脳された女性たち…『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』』

2019年7月27日 18:00

衝撃!人気女優を殺したのは洗脳された女性たち…『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』

(原題)の要素も取り入れられた。

これらをもとに映画化したのは、『アメリカン・サイコ』(2000年)監督のメアリー・ハロン、脚本のグィネヴィア・ターナーの女性コンビ。2人は実行犯のファミリーのメンバーにフォーカスし、残虐な殺人そのものではなく、カルト集団に参加するところから収監されるまで、主要な女性メンバー3人を中心にこの悲劇的な事件に至る過程を描いた。

人気ドラマや『スター・ウォーズ』最新作出演の注目俳優が集結

実行犯のひとりレスリー・ヴァン・ホーテンを演じるのは、英国TVシリーズ「Skins-スキンズ」や大ヒットシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」、映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』などで知られるハンナ・マリー。

同じくパトリシア・クレンウィンケル役には、ケヴィン・ベーコンキーラ・セジウィックの娘であるソシー・ベーコン。さらに女優でミュージシャンとしても活躍するマリアンヌ・レンドンがスーザン・アトキンス役に扮し、カーリーン・フェイス役にはTVシリーズ「ナース・ジャッキー」や映画『マーウェン』に出演するメリット・ウェヴァー。

そのほか、『名探偵ピカチュウ』『ジョナサンふたつの顔の男』のスキ・ウォーターハウス、「ゴシップガール」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.