くらし情報『衝撃!人気女優を殺したのは洗脳された女性たち…『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』』

2019年7月27日 18:00

衝撃!人気女優を殺したのは洗脳された女性たち…『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』

Photo by cinemacafe.net

クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』にも登場する人気女優シャロン・テートの殺人事件を、実行犯であるチャールズ・マンソン率いるカルト集団の女性たちに焦点を当てて描いた新作映画『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』。まもなく日本初上映を控える本作にも、要注目のキャストたちが集結している。

衝撃の実話を3人の女性たちに焦点を当て映画化

1969年8月9日未明、『ローズマリーの赤ちゃん』(’68)で知られる鬼才ロマン・ポランスキー監督夫人であり、妊娠8か月だった女優のシャロン・テートがハリウッドの自宅の居間で友人4人とともに惨殺された。玄関のドアにはテートの血液で“Pig”(ブタ)と書かれていた。さらに翌8月10日未明には、ロサンゼルスに住むラビアンカ夫妻が同様の手口で殺害され、現場の壁や冷蔵庫には血で“Death to pigs”(ブタに死を)“Healter Skelter”(ヒールター・スケルター、綴り間違い)の文字が残された。

これらの凄惨な事件は、犯罪史上未曽有の猟奇残虐殺人として全米を震え上がらせた。やがて、69年末に逮捕されたのはチャールズ・マンソンとそのファミリー約20人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.