くらし情報『M・デイモン&C・ベイルは「素晴らしい相性」『フォードvsフェラーリ』監督明かす』

2019年11月6日 14:30

M・デイモン&C・ベイルは「素晴らしい相性」『フォードvsフェラーリ』監督明かす

Photo by cinemacafe.net

『オデッセイ』のマット・デイモンと『ダークナイト』シリーズのクリスチャン・ベイルが初共演でW主演を務める挑戦の実話『フォードvsフェラーリ』が2020年1月10日(金)に日本公開。この度、本作のLAプレミアが日本時間11月5日(火)に開催された。

フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビーをマット・デイモン、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズをクリスチャン・ベイルが演じ、2人とも賞レースの主演男優賞部門にエントリーされている本作。

この日の会場は、公開を待ちわびるファン300名や、世界中のメディアで溢れかえり、劇中にも登場する歴史を作った名車たち(フォードGT40 MK ll、フェラーリ330P4など)が展示され、まるで会場はサーキットにいるかのような臨場感。

レッドカーペットには本作のメガホンをとったジェームズ・マンゴールド監督(『LOGAN/ローガン』)、フォード社の社長でル・マン24時間レースでの打倒フェラーリを誓うヘンリー・フォード2世を演じるトレイシー・レッツ(『レディ・バード』)、フォード社の重役でシェルビーにレースカー開発を依頼するリー・アイアコッカ役のジョン・バーンサル(「ウォーキング・デッド」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.