くらし情報『窪田正孝ら3人の男女が現実と幻想の狭間で揺れる…『ファンシー』予告』

2019年12月24日 17:30

窪田正孝ら3人の男女が現実と幻想の狭間で揺れる…『ファンシー』予告

Photo by cinemacafe.net

山本直樹の異色の短編漫画を永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子らをキャストに迎え実写映画化した『ファンシー』。この度、予告編と新ビジュアルが解禁となった。

今回解禁された予告編では、現実(エロス)と幻想(ポエム)の狭間で揺れる、男女3人のミステリアスな三角関係をスリリングに映し出している。

とある地方の温泉街に、1日中サングラスをかけている鷹巣明(永瀬正敏)というニヒルな男が住んでいた。失踪した父親・竜男(宇崎竜童)の後を継いで彫師となり、昼は郵便配達屋もこなしている鷹巣の日課は、町外れの白い家に引きこもって暮らす若い詩人(窪田正孝)にファンレターを届けることだった。

その詩人は“南十字星ペンギン”というペンネームで月刊誌に寄稿し、女子学生の絶大な支持を得ている。見かけからしてペンギン似の詩人は、いつもレトロな空調で室内をキンキンに冷やし、氷風呂に身を浸すという生態までペンギンのよう。そんなペンギンの浮世離れした日常を不思議がる鷹巣だったが、はみ出し者同士のふたりは奇妙な友情で結ばれていた。

人付き合いが極度に苦手なペンギンは、月夜の星(小西桜子)と称するファンと文通を交わしていた。ペンギンの花嫁志願の熱狂的なファンの彼女は突然、ペンギンのもとに押しかけてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.