くらし情報『「他人事じゃない」木村佳乃“薫”の過去に視聴者から共感の声続出…「アライブ」2話』

2020年1月17日 00:15

「他人事じゃない」木村佳乃“薫”の過去に視聴者から共感の声続出…「アライブ」2話

Photo by cinemacafe.net

松下奈緒、木村佳乃が共演する「アライブがん専門医のカルテ」の2話が1月16日オンエア。“乳がん”をテーマにした2話に多くの視聴者から「同じ経験をしたからこそ解る」「他人事じゃない」といった声が寄せられている。

薬物療法でがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台にした本作は、松下さんが横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医の恩田心役で主演。心は夫が事故で意識不明となっているのだが、その手術に関わったことから彼女に近づく消化器外科医の梶山薫役で木村さん。

事故で意識不明となっている心の夫・匠役には中村俊介。薫の元上司の医師・須藤進に田辺誠一。進は匠の手術を担当、そのサポートを薫が担当したのだが、薫は手術のミスが原因で匠が意識不明になったと罪悪感を感じており、心に手術のことが伝わることを恐れる進と意見が対立している。

また心の義父・京太郎役で北大路欣也、腫瘍内科の研修医・結城涼に清原翔、結城と同じ研修医の夏樹奈海に岡崎紗絵、心と薫を引き合わせることになる患者の高坂民代に高畑淳子、光野守男に藤井隆、部長の阿久津晃に木下ほうからも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.