くらし情報『永山絢斗“西郡”に同情、椎名桔平“黒岩”の腕に感嘆の声も…「トップナイフ」第4話』

2020年2月1日 23:55

永山絢斗“西郡”に同情、椎名桔平“黒岩”の腕に感嘆の声も…「トップナイフ」第4話

Photo by cinemacafe.net

天海祐希主演で天才脳外科医“ゴッドハンド”の苦悩と葛藤を描く「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」の第4話が2月1日に放送。永山絢斗演じる西郡にフォーカスしたストーリーが展開した今回、視聴者からは西郡に「切な過ぎる」など同情の声が寄せられている。

外科医の中でも最も高度な技術が要求される“脳外科医”たちにスポットを当てたリアル・ドクターストーリーとなる本作。

東都病院脳神経外科の脳外科医・深山瑤子を天海さんが演じるほか、“世界のクロイワ”と呼ばれるスペシャリスト・黒岩健吾を椎名桔平が、誰にも心を開かない自称“天才”医師・西郡琢磨を永山さんが、新人脳外科医の小机幸子を広瀬アリスが、脳神経外科部長の今出川孝雄を三浦友和がそれぞれ演じ、優秀な看護師の小沢真凛役に森田望智。看護師の犬飼剛役に福士誠治、BAR「カサブランカ」のマスター・来島達也に古川雄大といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)は西郡の母親・喜和子だった。喜和子は女性心臓外科医の第一人者だったが、2年前に脳腫瘍を発症。西郡は自ら志願して困難な手術に臨むが、その結果喜和子は記憶を無くして徘徊を繰り返すようになったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.