くらし情報『ルカ・マリネッリ、イタリアから世界へ!ヴェネチア男優賞を受賞した役作りとは?』

2020年8月1日 14:00

ルカ・マリネッリ、イタリアから世界へ!ヴェネチア男優賞を受賞した役作りとは?

を受賞。永井豪原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」にインスパイアされた『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(17)で潔癖症の悪役を怪演し、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞助演男優賞に輝くなど、若くして数多くの賞を受賞している実力派だ。

2017年にはアカデミー賞監督ダニー・ボイルが手掛けたドラマシリーズ「TRUST/トラスト―ゲティ家のスキャンダル」に大富豪に孫の身代金を要求するマフィア役で出演、ドナルド・サザーランドと共演を果たしている。

そして『マーティン・エデン』では、労働者階級で働きづめのマーティンを演じるにあたり、準備段階からトレーニングで身体を作りこんだ。撮影の1か月前からナポリでリハーサルをし、訛りや地元民らしいフィジカル・ランゲージを身に着け、上流階級の女性との恋、作家になる夢、目の前に押し寄せる貧困、独学で作家を目指す無学の青年の切望と激情が交錯する複雑な役柄を全身全霊で体現した。

さらに7月に全世界配信されたNetflix映画『オールド・ガード』ではシャーリーズ・セロン率いる不死身の傭兵部隊のメンバー、ニッキーとして登場、全世界から注目を浴びる俳優へと進化している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.