くらし情報『「ホラーは苦手」伊藤健太郎が「ほん怖」初出演、探偵役で吉田鋼太郎とバディ』

2020年9月24日 06:00

「ホラーは苦手」伊藤健太郎が「ほん怖」初出演、探偵役で吉田鋼太郎とバディ

Photo by cinemacafe.net

伊藤健太郎が、10月31日(土)放送の「ほんとにあった怖い話 2020特別編」ドラマパートのひとつに主演することが決定した。

実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント「ほんとにあった怖い話」。夏の風物詩が、今年はハロウィーンに放送。21年間の歴史の中で初めてのこととなる。

今回、番組内のドラマパートのひとつ「探偵の手記」に、「今日から俺は!!」、連続テレビ小説「スカーレット」、『弱虫ペダル』などに出演、本番組は今回が初出演となる伊藤さんが主演することが決定。

伊藤さんが演じるのは、探偵の仕事を始めて間もない棚橋和也。ある日、大森真司(勝村政信)が元恋人である“髪の長い女”を調査してほしいと興信所を訪れる。和也は上司・市川守(吉田鋼太郎)と交代で張り込み調査を開始。何も進展がないまま数日が過ぎた頃、「女が現れた」と大森からクレームが入る。しかしその日、女が外出した様子はなかった。そして調査最終日、女を見かけた和也は、慌てて尾行を始めるが…というストーリー。

「実はホラーは苦手で、見ることも出演することも避けてきた」と話す伊藤さんは、「台本を読む前からドキドキしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.