くらし情報『「原作ファンも満足するはず」製作陣が語る「BATWOMAN」特別映像』

2020年10月14日 17:30

「原作ファンも満足するはず」製作陣が語る「BATWOMAN」特別映像

Photo by cinemacafe.net

現在、販売&レンタル中の「BATWOMAN/バットウーマン<シーズン1>」より、製作陣がバットウーマンの魅力を語る特別映像が到着した。

本作は、バットマンが突如消え、3年が経ったゴッサム・シティを舞台に、DCTVシリーズ初のLGBTヒロインのバットウーマンが大切な人々を守るため、数奇な運命に翻弄されながらも、強く運命を切り開いていく物語。

今回到着した映像は、バットウーマン=“ケイト・ケイン”というキャラクターと、見どころのひとつ“アクション”にフォーカスして、バットウーマン役のルビー・ローズをはじめ、製作総指揮のグレッグ・バーランティやアメコミの巨匠でDCエンターテイメント共同発行人であるジム・リーら製作陣が魅力を語っている。

ケイトはDC史上初のLGBTヒロイン。同役を務めたルビー自身もLGBTであることで知られているが、ルビーは「選ばれてとても光栄。人々に影響を与える作品になる」と出演決定理由を明かし、バーランティ製作総指揮も「彼女の出世作になるだろう」と自信をみせる。

本作のアクションシーンについては「原作ファンも満足するはず」とリーも太鼓判を押している。ケイトは元々強かったわけではなく、バットウーマンになったから強くなったわけでもない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.