くらし情報『折坂悠太、ミニアルバム「朝顔」リリース決定!新曲「鶫(つぐみ)」は挿入歌に』

2021年2月15日 13:40

折坂悠太、ミニアルバム「朝顔」リリース決定!新曲「鶫(つぐみ)」は挿入歌に

Photo by cinemacafe.net

上野樹里主演にて、フジテレビ系月9ドラマとして初めての2クール連続放送で法医学者と刑事という父娘を描く「監察医 朝顔」。第1シーズンに続き、本作でも主題歌「朝顔」が使用されている折坂悠太が新たに書き下ろした楽曲「鶫(つぐみ)」が挿入歌として、本日2月15日(月)放送の第14話に使用されることが決定した。

折坂さんは鳥取県出身、幼少期にロシアやイランに住んでいた経歴を持つシンガーソングライター。2019年には月9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌に「朝顔」が抜擢、2020年同ドラマのシーズン2の主題歌に。また、2020年公開の仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』では初となる映画主題歌・劇伴音楽を担当した。

今回新たに挿入歌としての使用が決まった新曲「鶫(つぐみ)」は、「監察医 朝顔」の主人公・万木朝顔(上野さん)のひとり娘・つぐみ(加藤柚凪)の名前からとったもの。「ほらね ごらんよ 夜が明ける」という歌詞で歌われるこの曲は、あらゆる災厄からの夜明けを願った歌であると同時に、「朝顔」から「つぐみ」へ、親から娘へと、新しい世代への希望のバトンを繋ぐ歌となっている。

また、3月10日(水)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.