くらし情報『間宮祥太朗の“気遣い”と玉森裕太の“子犬共演”にSNSトレンド入り続出…「オー!マイ・ボス!」7話』

2021年2月24日 00:40

間宮祥太朗の“気遣い”と玉森裕太の“子犬共演”にSNSトレンド入り続出…「オー!マイ・ボス!」7話

Photo by cinemacafe.net

上白石萌音主演「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の7話が2月23日オンエア。長野へ取材に行った奈未と中沢が帰れなくなり、現地に泊まることに。それを知った潤之介も長野に向かう。中沢の“気遣い”と潤之介の“子犬共演”に今週もSNSが沸いている。

「仕事も恋愛もほどほどに。人並で普通の幸せを手にしたい」というイマドキ安定志向の鈴木奈未を上白石さんが演じる。熊本から上京、東京の大手出版社・音羽堂出版に就職するが、備品管理部志望のはずが新たに創刊されるファッション誌「MIYAVI」編集部に配属されてしまい、鬼編集長・宝来麗子の雑用係として働くことに。しかも就活中に出会った“子犬系男子”潤之介は鬼編集長の弟で、彼と付き合いはじめたはずが、潤之介には幼なじみの元恋人が現れ、先輩編集者からも告白され…というストーリーが展開してきた本作。

上白石さんはじめ、30歳の若さで雑誌「マリ・クレール」ヨーロッパ初の日本人編集長に就任し、「MIYAVI」創刊のためにパリから帰国。24時間仕事モードな超ドS鬼編集長の宝来麗子には菜々緒。面接に上京していた奈未と出会い付き合い始めた“子犬系男子”だが、麗子の弟、宝来グループの御曹司という顔も持つカメラマンの潤之介に玉森裕太。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.