くらし情報『浜辺美波、11歳からの新聞連載がフォトエッセイに「等身大の言葉が詰まっています」』

2021年3月23日 13:00

浜辺美波、11歳からの新聞連載がフォトエッセイに「等身大の言葉が詰まっています」

Photo by cinemacafe.net

女優・浜辺美波のフォトエッセイ「夢追い日記」が3月30日(火)に発売決定。故郷・石川県で発行されている北國新聞での連載「浜辺美波 キラリ通信」の初の書籍化となる。

本著は、デビュー間もない11歳の少女時代から、大人の表情を見せる19歳まで綴ってきた北國新聞での連載「浜辺美波 キラリ通信」の全177回分のうち、厳選された95回分を1冊に収めたフォトエッセイ本。

石川と東京を往復する芸能活動の傍ら、学校生活やふるさと石川で過ごした休日の様子、ドラマや映画の役柄、撮影時のエピソードなど、その時々の思いを飾らない言葉と写真とともに綴っている。

フォトエッセイのタイトルである「夢追い日記」は、「夢を追って過ごした日々を日記のようにしたためていた」との思いから、浜辺さん自ら考えたもの。カバー写真は、書籍化にあたって2020年秋に撮影された初解禁となるカットとなっている。

発売にあたり浜辺さんは、「こんなに初期から北國新聞さんに連載をもたせていただいていたのかと、自分の文章の拙さに少し気恥ずかしい気持ちになりました。小学生の頃は特に、連載の文章なのにまるで日記のようで。何ものでもないただの女の子が少しずつお仕事をいただくようになっていて、自分のことながら応援してしまいました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.