くらし情報『「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」、田中圭“神保”と安田顕“安堂”の新バディに「相性ばっちり」「楽しみ」と期待も』

2021年10月16日 08:05

「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」、田中圭“神保”と安田顕“安堂”の新バディに「相性ばっちり」「楽しみ」と期待も

Photo by cinemacafe.net


田中圭が「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」が10月15日からスタート。田中さん演じる神保がスイーツを食べて口にした「甘~い」に「可愛い」の声が集中。安田顕演じる安堂とのコンビにも「相性ばっちり」「最高のバディ」といった感想が送られている。

小学館ビッグコミック増刊号で連載された作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の人気漫画「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を原作に、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者と昔ながらの熱血刑事が難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫っていくという本作。

「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」、田中圭“神保”と安田顕“安堂”の新バディに「相性ばっちり」「楽しみ」と期待も

周りからは奇人と思われつつも32億ある配列を全て記憶しており、趣味は個人的なDNAデータベースを作成することという聖ヘリックス大学医学部のゲノム解析学研究室准教授、神保仁を田中さんが。捜査には経験と勘が一番だと思っている現場叩き上げ、涙もろく直情型の昭和な熱血刑事で、11歳の娘がいるシングルファーザーの安堂源次を安田顕がそれぞれ演じる。

神保のことを研究者として非常に尊敬し、源次のことを「ゲンちゃん」と呼ぶ警視庁科学捜査研究所の乱原流奈に倉科カナ。源次と現場で共に行動する若手刑事の瓜生夏樹に中田圭祐。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.