くらし情報『「村井の恋」7話、高橋ひかる“彩乃”&宮世琉弥“村井”の頬キスには「ほっぺにキスで済んでよかった」、伊藤あさひ“桐山”には「いい子過ぎる」の声』

2022年5月18日 11:15

「村井の恋」7話、高橋ひかる“彩乃”&宮世琉弥“村井”の頬キスには「ほっぺにキスで済んでよかった」、伊藤あさひ“桐山”には「いい子過ぎる」の声

Photo by cinemacafe.net


高橋ひかると宮世琉弥が共演する「村井の恋」の7話が5月17日深夜放送。高橋さん演じる彩乃と宮世さん演じる村井の“頬キス”に様々な反応が寄せられるなか、伊藤あさひ演じる桐山に「いい子過ぎる」など好感が集まっている。

乙女ゲーム「恋する戦国恋絵巻」の春夏秋冬(ヒトトセ)が推しキャラで、彼にそっくりな自分の生徒・村井に惹かれていく田中彩乃に高橋さん。学年主任の山門に彩乃との仲を疑われて、大人しくして様子をうかがっている村井に宮世さん。彩乃の“脳内”に登場する春夏秋冬は宮世さんが演じて梶裕貴が声を担当。

「村井の恋」7話、高橋ひかる“彩乃”&宮世琉弥“村井”の頬キスには「ほっぺにキスで済んでよかった」、伊藤あさひ“桐山”には「いい子過ぎる」の声

村井の親友で村井の幼馴染み・弥生に恋する平井真理に曽田陵介。ストリート系ファッション好きで、彩乃と村井の仲を気遣う桐山暁文に伊藤あさひ。村井の幼馴染みでずっと村井のことが好きだった福永弥生に原菜乃華。

彩乃が教師をしている建部学園高等学校2年の学年主任で、彩乃と村井の関係を疑っている山門由希に浅香航大。その他、西藤仁美に莉子。西藤悠加に鶴嶋乃愛。芹澤興人、神谷圭介(テニスコート)、斉藤慎二(ジャングルポケット)らも出演する本作。

「村井の恋」7話、高橋ひかる“彩乃”&宮世琉弥“村井”の頬キスには「ほっぺにキスで済んでよかった」、伊藤あさひ“桐山”には「いい子過ぎる」の声

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.