くらし情報『キャサリン・メーニッヒら主要キャストのコメント到着 「Lの世界」ついにファイナル 』

2010年6月4日 22:30

キャサリン・メーニッヒら主要キャストのコメント到着 「Lの世界」ついにファイナル 

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

つい先日、『セックス・アンド・ザ・シティ2』のキャスト陣の来日が大きな盛り上がりを見せたが、「SATC」とはまた違った形で、悩める女性たちの恋愛観や生き方を赤裸々に映し出し、日本でも高い人気を誇る海外ドラマ「Lの世界」のファイナル・シーズンのDVDが先日、ついにリリースされた。これに合わせてキャサリン・メーニッヒ、ジェニファー・ビールスら主要キャスト陣のコメントが到着した。

ファイナルを含め6年間で計6シーズン、ロサンゼルスに暮らすレズビアンたちの姿をスタイリッシュに、そして大胆に描いてきた本シリーズだが、そのフィナーレは衝撃的な展開で幕を開ける。深夜に一軒の家の前にパトカーが集まり、警官が入り乱れる。そして、遺体となって家の中から運び出されたのは…ジェニー(ミア・カーシュナー)だった――。彼女の死は事故なのか?自殺なのか?それとも…他殺なのか?このミステリアスな状況の中で、これまで以上にそれぞれのキャラクターの内面が浮かび上がってくる。

それでは、このファイナル・シーズンを迎えてのそれぞれのコメントをご紹介!

シェーン役のキャサリン・メーニッヒは「私は最高の時を過ごしたし、素晴らしい友人を作ることが出来て、6年この番組をやってきたのは素晴らしかったよ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.