くらし情報『藤井道人監督&綾野剛ら登壇「本当に票が割れた」 「東京インディペンデント映画祭」授賞式開催』

2024年5月22日 17:45

藤井道人監督&綾野剛ら登壇「本当に票が割れた」 「東京インディペンデント映画祭」授賞式開催

Photo by cinemacafe.net


審査委員長を藤井道人監督、特別審査員を綾野剛が務めた「第2回東京インディペンデント映画祭」授賞式が5月21日に行われ、グランプリ、準グランプリ作品が発表された。

「次世代の映画監督を育成する」をモットーに、新たなムーブメントを呼び起こす「夢のある映画祭」として昨年誕生した東京インディペンデント映画祭。ゲスト審査員には女優の奈緒を迎え、藤井監督指揮のもと映像映画業界から選出された精鋭の審査員チームによって開催され、自主制作映画シーンにおいて活動する関係者から大きな反響を得た。

そして第2回となる本映画祭では、短編自主制作映画にフォーカスを当て、国内屈指の映画コンペティションへの成長を目標とし、2023年12月1日より作品募集が開始され、3か月間で292作品の応募が集まり、その中から授賞式ではグランプリ、準グランプリが発表。


藤井道人監督&綾野剛ら登壇「本当に票が割れた」 「東京インディペンデント映画祭」授賞式開催

審査委員長には、映画『余命10年』や現在公開中の映画『青春18×2 君へと続く道』の藤井道人監督。さらに「第二回TIMF 特別審査員」として映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『最後まで行く』などで藤井監督とタッグを組み、高い演技力に定評のある綾野剛、そのほか阿部雅人(松竹・プロデューサー)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.