くらし情報『乃木坂46遠藤さくら&賀喜遥香ら、献血呼びかけ「みんなの当たり前に」』

2020年1月27日 16:28

乃木坂46遠藤さくら&賀喜遥香ら、献血呼びかけ「みんなの当たり前に」

乃木坂46遠藤さくら&賀喜遥香ら、献血呼びかけ「みんなの当たり前に」

アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香が27日、都内で行われた令和2年「はたちの献血」キャンペーンPRイベントに出席した。

「はたちの献血」キャンペーンは、二十歳の若者を中心として広く国民各層に献血に対する理解と協力を求めることを目的に、1975年から毎年1月~2月の期間に実施。このたび、乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香がキャンペーンキャラクターに就任した。

齋藤は、2年連続で同キャンペーンキャラクターに就任。「すごくありがたいなと。昨年キャンペーンキャラクターとして活動していく中で、こんなに輸血を必要とされている方がいるんだと驚きましたし、その方々への献血がいかに大切か学んだ。また今年も、その思いをたくさんの方々に伝えていけたらと思います」と意気込みを語った。

新たに就任した4人もそれぞれあいさつし、梅澤は「飛鳥さん以外の4人が初就任ということで、乃木坂46にはまだまたたくさんのメンバーがいるので、一人ひとりが意識を持って協力しながら、みなさんの献血のきっかけを作れればいいなと思っています」と意気込み、久保は「同じ世代の方々にももっと関心を持っていただけるように乃木坂46のメンバーでもっともっとメッセージを届けていけたらと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.