くらし情報『相島一之、高嶋政伸の悪役ぶりは「私生活の鬱憤を晴らす如くの演技」』

2014年10月15日 11:30

相島一之、高嶋政伸の悪役ぶりは「私生活の鬱憤を晴らす如くの演技」

相島一之、高嶋政伸の悪役ぶりは「私生活の鬱憤を晴らす如くの演技」
10月19日からWOWOWでスタートする連続ドラマW『株価暴落』(毎週日曜 22:00~ 全5話)の特別披露試写会が14日、神奈川・横浜の新都市ホールで開催され、出演者の相島一之と鈴木浩介監督がトークショーを行った。

同ドラマは、昨年大ヒットを記録した『半沢直樹』(TBS系)の池井戸潤の原作で、銀行を舞台にした金融ドラマ。経営危機に陥りながらもプライドを捨てきれない巨大企業、彼らの再建の鍵を握るメインバンク、企業テロの真相を追う警察、そしてそれらを取り巻く人々の複雑に絡み合う思惑を通して、銀行と巨大企業にはびこる闇に鋭く切り込む。主演の織田裕二が、組織の論理に染まらず自らの信念に忠実に突き進む熱き孤高のバンカー・板東を演じる。

試写会後に行われたトークショーに、鈴木監督と相島が織田裕二のパネルを抱えながら登壇。同ドラマで初めて一緒に仕事をしたという織田について鈴木監督は「お茶会の時に初めてお会いしたんですけど、目の前に織田裕二ですから緊張しましたね」と明かし、坂東が勤務する銀行の企画部部長で、坂東と対立することになる来栖太平を演じた相島も「存在感のある人。一緒に演じる立場から言わせてもらうと、一つ一つが絵になるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.