くらし情報『水樹奈々「『宇宙戦艦ヤマト2199』は愛が集結した作品、人肌を感じる歌に」』

2014年10月19日 10:25

水樹奈々「『宇宙戦艦ヤマト2199』は愛が集結した作品、人肌を感じる歌に」

水樹奈々「『宇宙戦艦ヤマト2199』は愛が集結した作品、人肌を感じる歌に」
10月11日よりイベント上映がスタートしたアニメーション作品『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』の舞台あいさつが18日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャスト陣から沖田十三役の菅生隆之、スターシャ・イスカンダル役の井上喜久子、エンディング主題歌「BLUE」を担当した水樹奈々が登壇した。

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は、全七章の劇場公開後、2013年4月~9月までTV放送された『宇宙戦艦ヤマト2199』全26話に新規カットと新規収録ナレーションを追加し、シリーズ初の5.1ch化された特別総集編。ヤマトの長い旅路を主人公・古代進の視点で振り返る構成となっている。そして、2014年12月6日からは完全新作のアニメーション映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の公開が控えている。

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』エンディング主題歌「BLUE」の作詞と歌唱を担当した水樹は、「『宇宙戦艦ヤマト』は子供の頃からなんとなく知ってはいたんですが、作詞を担当するにあたって『宇宙戦艦ヤマト2199』の脚本と映像を全て観させていただきました」と前置きしながら、「私はヤマトのテーマは愛だと思っていて、つながっていく愛をイメージして作ったのが(劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章エンディングテーマの)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.