くらし情報『水樹奈々「『宇宙戦艦ヤマト2199』は愛が集結した作品、人肌を感じる歌に」』

2014年10月19日 10:25

水樹奈々「『宇宙戦艦ヤマト2199』は愛が集結した作品、人肌を感じる歌に」

「愛の星」でした。今回はそれとイメージを変えながらも本質は変えないようにしたくて、人肌を感じるような、近くにいる人に向けて歌うイメージにしました」と楽曲に込めた想いを明かしていた。

沖田艦長役の菅生は水樹の歌について、「奈々ちゃんの歌を聴かせてもらいましたが、男の戦いを描いた作品の中で癒やされる歌で、すばらしいと思いました」と太鼓判。スターシャ役の井上も「胸の中にあるあったかい気持ちを思い出させてくれて、胸にしみるんですよね」と絶賛していた。一方、お気に入りのキャラクターを聞かれた水樹が「スターシャです。スターシャが出てくるだけでもやがかかったようで、女神さまのような美しさ」と答えると、大感激の井上だった。

総集編としてよみがった劇場版について井上は「26話を一本の劇場版にまとめるのは大変な作業だったと思います。まだ見たことない人が周りにいたら勧めていただいて、末長く愛してもらえる作品になればと思います」とアピール。また菅生は、ドメル役の大塚明夫との関係について「僕は文学座に40年いて、彼は研究生として所属していたんです。当時は一緒に芝居をしたことがありませんでした。『宇宙戦艦ヤマト2199』ではガミラス側とは別のチームで収録することが多いんですが、今回はじゃあ一緒にやるかとなって、ガチンコの芝居ができました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.