くらし情報『『Wake Up, Girls!』とプロジェクションマッピングのコラボイベント! ライブの模様をレポート』

2014年11月9日 00:01

『Wake Up, Girls!』とプロジェクションマッピングのコラボイベント! ライブの模様をレポート

『Wake Up, Girls!』とプロジェクションマッピングのコラボイベント! ライブの模様をレポート
プロジェクションマッピングによる体験イベント"PROJECTION MAPPING JOURNEY!!!"とアイドルアニメ『Wake Up, Girls!』のコラボレーションイベントが11月8日~9日、東京・新宿アルタスタジオで開催中だ。

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターを使って現実空間に映像を投影することで、新しい空間を創りだす映像演出のこと。昼間はプロジェクションマッピング技術と『Wake Up, Girls!』の映像を組み合わせた様々な展示が、夜の部は背景に映像を投影しながらのミニライブが行われた。

展示の一部を紹介すると、「記憶の箱」は立方体のスクリーンに『Wake Up, Girls!』のアニメの様々な場面を投影。コントロールボックスの上にかざした手を動かすと、万華鏡のように様々なエフェクトが加わったり、映像が変化したりする双方向性が楽しい。「影たち」は、スクリーンの前に立った人の影の部分にだけ映像が投影され、映像の中では「Wake Up, Girls!」のメンバーが踊ってる。メンバーの動きに合わせて踊ると不思議な気持ちになる。他にも会場の一角に何気なく“禁煙”と書かれた貼り紙がめまぐるしく変化して録りおろしの音声が流れたり、会場の一角が作品でもお馴染みの場所によく似た、しかし何かが違う感じになっていたりと、プロジェクションマッピングならではの映像体験を楽しむことができた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.