くらし情報『Windows 8.1ミニTips (86) 「タスクマネージャー」を使いこなす●つの方法』

2014年12月13日 00:42

Windows 8.1ミニTips (86) 「タスクマネージャー」を使いこなす●つの方法

Windows 8.1ミニTips (86) 「タスクマネージャー」を使いこなす●つの方法
Windows上で動作するソフトウェアは「プロセス」という単位で管理されている。詳細は割愛するが、プロセスをユーザーレベルで管理するのが「タスクマネージャー」だ。初期のWindowsから受け継がれてきたタスクマネージャーは、Windows 8からシステム状態を可視化する機能も備えた。今回はタスクマネージャーの見落としがちなTipsを紹介しよう。

「Windows 8.1ミニTips 第17回」より、2014年4月9日にリリースされたWindows 8.1 Updateを適用した環境を対象としています。

○「タスクマネージャー」を起動する

Windows 8.1の「タスクマネージャー」は、スタート画面にもアプリビューにも並んでいない。タスクマネージャーの起動方法はいくつもあり、下記に並べたのはその一例だ。

このほか、「Ctrl」+「Shift」+「ESC」キーを押すことでも起動できる。カスタマイズ結果を反映させるために、エクスプローラーを終了させた後などは、こちらのショートカットキーが使いやすいだろう。

○「タスクマネージャー」を詳細表示に切り替える

通常ではあればタスクマネージャーは、下図のようにシンプルな状態(簡易表示)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.