くらし情報『吉野北人、神尾楓珠の甘いセリフに「心臓が…」歓声の代わりに一本締め』

2020年7月30日 19:50

吉野北人、神尾楓珠の甘いセリフに「心臓が…」歓声の代わりに一本締め

という質問に、平沼監督は「北人と乃々華が頭ゴツンとするところで、なかなか北人がうまくいかなくて、僕と練習していっぱいおでこコツンとして、いい思い出でした」と振り返る。吉野が「ノリさんがうまいんですよ。研究してました」と説明すると、平沼監督は「近くに北人がいて、嬉しかったです。綺麗でしたよ。真っ白な肌でした」と称賛した。

また「自分以外で好きな台詞は?」という質問には、「六見先輩(吉野)のオタク感がある、城の名前言ってるところ。真似したくなっちゃって、一人でずっとやってました」(伊藤)、「あーちゃん(上原実矩)の、『花依ちゃんの推しカプは?』という言い方が結構好きで、ツボなんですよね。この映画の締まる部分でもある」(富田)と、同作ならではのオタクセリフが印象的だった様子。

吉野は「僕は、五十嵐(神尾)の『キスするぞ』ってとこですね。真っ直ぐな目で言われたら、『ウッ』となっちゃいます。心臓出ちゃいそう。そのシーンが好きで、宣伝で『甘いセリフを言ってください』と言われたら、自分のセリフじゃないのに使わせていただいてました」と告白。神尾が「おい! ちょっと悔しいな。そんなのほくちゃんがやったほうがかっこいいに決まってるもん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.