くらし情報『インフルエンザやノロウイルスから身を守る - 冬の体調管理に新たな"味方"』

2015年1月27日 07:00

インフルエンザやノロウイルスから身を守る - 冬の体調管理に新たな"味方"

インフルエンザやノロウイルスから身を守る - 冬の体調管理に新たな"味方"
受験シーズンを目前に控え、受験生の子どもを抱える家庭では最後の追い込みの時期となった。これまでの努力の結果を最大限に発揮できるよう、試験本番は体調管理を徹底し、万全の状態で迎えたいものだ。

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症の流行期でもあるこの時期。受験生本人はもちろん、家庭内に病気を持ちこまないよう家族も十分気を付ける必要がある。ウイルスなどの病原体に感染しないためには、身体の免疫力を高めることが大切。そこで今回は、免疫力を高め、インフルエンザだけでなく、ノロウイルスなどへの感染予防効果が認められるという、“ラクトフェリン”と呼ばれる成分を紹介したい。

ラクトフェリンの感染防御に有効と考えられているメカニズムの1つは、体を守る免疫細胞“NK(ナチュラルキラー)細胞”の活性化にある。ヒトを対象に行われた疫学調査では、NK細胞活性が低いグループでは、発がん率や風邪にかかる頻度が高いと報告されている。このNK細胞活性は、ラクトフェリンを摂取することで上昇することがヒトを対象にした臨床試験で判明している。

また、健常成人女性を対象に行ったアンケート調査では、ラクトフェリン含有サプリメントを3カ月間摂取したところ、3カ月目に腹痛や下痢などの胃腸炎症状を発症した人は、ラクトフェリン含有サプリメント摂取群において有意に少なかったと報告されている。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.