くらし情報『齋藤飛鳥、10年前の自分に声をかけるなら「その決断は正しかった」』

2021年3月1日 04:00

齋藤飛鳥、10年前の自分に声をかけるなら「その決断は正しかった」

齋藤飛鳥、10年前の自分に声をかけるなら「その決断は正しかった」

乃木坂46の齋藤飛鳥が、ブルボン「フェットチーネグミ」シリーズ発売10周年を記念した新CMに出演。DISH//・北村匠海とダンスを披露する新CM「フェットチーネフェス!」編は、2日より全国で順次放送される。

乃木坂46として、DISH//としてそれぞれデビュー10年目を迎える2人が、世界各国のダンサーたちと共にダンスを披露。振り付けは「バブリーダンス」で話題を呼んだakane氏が担当した。ダンサーの衣装はフェットチーネグミのロゴに使用されているカラーだけで作られ、ポップな世界観のCMに仕上がった。

齋藤が撮影の感想、自身の“10年”を語った。

――本日の撮影について。

乃木坂46に所属しているので、ダンス自体には慣れているのですが、大勢のダンサーさんと踊る機会はなかなかないので、とても新鮮で楽しかったです!たくさんジャンプして、気持ちが明るくなりました。フェットチーネグミは10周年を迎えたと聞きましたが、10年前は私はまだ乃木坂46に入って
いなかったんですよね。なんだか不思議な感覚でした。

――10年前の自分に声をかけるなら。

12歳、13歳ぐらいはちょうど乃木坂に入った頃だと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.