くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第10話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年12月3日 15:03

『ヤング ブラック・ジャック』、第10話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第10話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第10話「無残帳 その2」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、第10話のあらすじと場面カット

#10「無残帳 その2」
外科医としての再出発を果たしたはずの百樹。だが、帝都大病院で百樹が執刀するはずだった手術はキャンセルとなる。検死解剖時の写真が患者へ送られ、猛反対されたのだ。数日後、百樹の研究室に澪がやってくる。澪から百樹が行方不明になっていることを聞いた黒男と舞子。帝都大病院で宝医師と露々に会うと言ったのを最後に姿を消した百樹を捜しに、2人も出かける。露々に会って話を聞くが百樹は来ていないと言い、宝医師は帰った後だった。舞子の機転により、研修医仲間から住所を教えてもらった黒男たちは、宝医師の家へ。と、そのとき、裏路地から苦しげな叫び声が! そこで2人が見たものは……。
(脚本:森田眞由美 / 絵コンテ:鈴木卓夫 / 演出:山口頼房 / 作画監督:飯飼一幸、南伸一郎、半田大貴、桜井木の実 / 総作画監督:片山みゆき、三浦菜奈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.