くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第11話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年12月10日 08:58

『ヤング ブラック・ジャック』、第11話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第11話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第11話「無残帳 その3」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』、第11話のあらすじと場面カット

#11「無残帳 その3」
再会した百樹の変わりように衝撃を受ける黒男。「何があったんです?」との黒男の問いに、百樹は復讐を決意させた経緯を話し出す。黒男と別れて病院へ向かったあの日、そこで彼は宝医師たちによって帝都大病院から追い出されたことを知る。理由を問いただそうと多野医師の車に乗り込んだ百樹は、さらに自分の手足が奪われた事故の真相を知ることになる。懸命に黒男が自首を勧めるが、百樹は自分の方法でヤツらを裁くと言い放ち、そのまま闇へと消えていった。帝都大教授連続殺傷事件の犯行はすべて百樹の仕業であることをつかみ、警察は次に百樹が狙う人物の警備にあたる。そこに百樹が姿を現して……。
(脚本:森田眞由美 / 絵コンテ:又野弘道 / 演出:又野弘道青木一紀 / 作画監督:LEE JUNG-JON、千葉茂 / 総作画監督:片山みゆき、三浦菜奈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.