くらし情報『『ぼけますから―』信友直子監督、両親の衝撃的な姿をさらす覚悟「カメラを持っていたからこそ、救われていた」』

2022年3月20日 12:00

『ぼけますから―』信友直子監督、両親の衝撃的な姿をさらす覚悟「カメラを持っていたからこそ、救われていた」

『ぼけますから―』信友直子監督、両親の衝撃的な姿をさらす覚悟「カメラを持っていたからこそ、救われていた」

●泣き叫ぶ母と叱責する父…「つらかった」
2018年に公開され、ドキュメンタリー映画として異例のヒットを記録した『ぼけますから、よろしくお願いします。』。信友直子監督が、アルツハイマー型認知症の診断を受けた母親と耳の遠い父親という90代夫婦の暮らしを、娘だからこその視点で丁寧に描いた作品で、この続編となる『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~』が、3月25日から全国順次公開される。

1作目の公開直前に脳梗塞を発症し、入院してしまった母親。外出時に手押し車が欠かせない父親は、毎日1時間かけて妻を励ましに通うが、病状が進行していく上、新型コロナ感染拡大で面会も困難になるという事態に見舞われる……。

そんな今作に、信友監督はどんな思いを込めたのか。撮影の裏側や公開を控えての両親への思い、そして今後の活動の展望など、たっぷりと話を聞いた――。

○■“娘”と“ディレクター”という立場が共存

前作の公開にあたってインタビューした際、「燃え尽きました」と語っていた信友監督。それは今思い返すと、「こんなに多くの人が見てくださると思っていなかったので、不安だったんだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.