くらし情報『『重版出来!』坂口健太郎演じる漫画営業マンの成長に感動の声「泣いた」』

2016年4月20日 14:01

『重版出来!』坂口健太郎演じる漫画営業マンの成長に感動の声「泣いた」

『重版出来!』坂口健太郎演じる漫画営業マンの成長に感動の声「泣いた」

女優の黒木華が主演を務めるTBS系ドラマ『重版出来!』(毎週火曜22:00~22:54)の第2話が19日に放送され、俳優の坂口健太郎演じるコミック営業部担当・小泉純の成長と、編集部と営業部が一体となって奮闘する姿に、感動の声が上がっている。

本作は、『月刊!スピリッツ』で連載中の松田奈緒子作の同名漫画を原作とする物語。コミック雑誌『週刊バイブス』の編集部を舞台に、新人編集者の黒沢心(黒木華)が、一癖も二癖もある編集部員や漫画家、営業担当、書店スタッフたちを巻き込み、ライバル雑誌に打ち勝とうと奮闘する姿を描く。

第2話は、売上の数字から可能性を見出された漫画家・八丹カズオの『たんぽぽ鉄道』の大ヒットを狙って、編集部と営業部が力を合わせて奮闘するというストーリー。希望していない部署でただ仕事をこなしているだけで、書店員から"幽霊"と呼ばれていた小泉に焦点を当て、どんな仕事も一生懸命取り組む心に刺激を受けて小泉が変化していく姿を描いた。

小泉は、営業のおもしろさに少しずつ気付き、書店に対して積極的に働きかけを行うなど、自ら行動するように。そんな奮闘もあり、『たんぽぽ鉄道』は"重版出来"(重刷)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.