くらし情報『是枝裕和監督、海外に出て感じた日本映画界の良さと課題 韓国の労働環境「参考にすべきところはたくさんある」』

2022年6月24日 17:00

是枝裕和監督、海外に出て感じた日本映画界の良さと課題 韓国の労働環境「参考にすべきところはたくさんある」

是枝裕和監督、海外に出て感じた日本映画界の良さと課題 韓国の労働環境「参考にすべきところはたくさんある」

●韓国は「若いエネルギーに満ちている」 一方で課題も
先月開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で2冠に輝いた映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)を手掛けた是枝裕和監督にインタビュー。韓国映画に初挑戦して感じた韓国と日本の映画界それぞれの良さと課題、そして海外での映画作りについて話を聞いた。

本作は、“赤ちゃんポスト”に赤ちゃんを預けた母親、預けられた赤ちゃんを子供を欲しがる人に斡旋するベイビー・ブローカーの男たち、彼らを現行犯逮捕しようと追う刑事らが繰り広げる一風変わった旅路を描いた物語。是枝監督初の韓国映画で、アカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホが主演を務めた。

「第75回カンヌ国際映画祭」でソン・ガンホに韓国人初となる最優秀男優賞をもたらし、また、キリスト教関連の団体から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与えられる「エキュメニカル審査員賞」も受賞した。

本作の制作を通して感じた韓国映画界の良さを是枝監督に尋ねると、しっかりと整備された労働環境を最初に挙げた。

「韓国は確実に週休2日ですし、撮影時間も厳密にルール化されているので、長時間労働ということがなく、労働環境が日本とは圧倒的に違う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.