くらし情報『テリー伊藤、清原被告は「野球が一生できないと思った方がいい」』

2016年5月18日 09:48

テリー伊藤、清原被告は「野球が一生できないと思った方がいい」

テリー伊藤、清原被告は「野球が一生できないと思った方がいい」

タレントのテリー伊藤(66)が18日、TBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(毎週月~金8:00~9:54)に生出演し、17日に初公判を終えた清原和博被告(48)に言及した。

テリーは「一度清原は野球が一生できないと思った方がいい」と発言。「戻れない可能性の方が高いんだから。その意識はしっかり持ってないと」と言い、「『野球人だからいずれ野球で恩返し』とか、きれい言葉ですよ」と厳しい考えを示した。

そして、「野球やれるチャンスなんてどこにあるんですか。少なくとも5年10年ない。その中で彼は生きていかないといけないことが事実」と続け、「清原っていう名前も、野球っていうことも一度殺して、そこで生きていくことがものすごく大事」と語った。

さらに、清原が野球人として一流だったというのも「違う」と主張し、晩年もずっと同じスタイルでやっていて内角を攻められるといつも打てなかったことや、新人王以外大きな個人タイトルを取っていないことなどを挙げ、「世の中を生きることに不器用。今後も不器用。野球人として一流と言っていることもおかしい」と持論を展開した。

そんな厳しい言葉を放ったテリーだが、最後には「『テリー何言ってんだ』って食ってかかっていい。それをパワーに頑張ってほしい」とエールを送った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.