くらし情報『松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る』

2016年7月28日 06:00

松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る

松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る

元サッカー選手の中山雅史氏とお笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也がMCを務めるテレビ朝日系バラエティ特番『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』(30日21:00~)では、元プロ野球選手・松井秀喜氏の"甲子園5打席連続敬遠"の裏側に迫る。

この番組は、スポーツのメインではない部分にフォーカスすることで、その競技の魅力を紹介するもの。第11弾となる今回は、1992年夏の甲子園での、石川・星稜高校と高知・明徳義塾高校の試合で起こった、松井氏の全打席敬遠(故意の四球)を、本人へのインタビューや、読唇術による試合中の選手の会話から読み解く。

超高校級スラッガーとして、高校3年生の頃から"ゴジラ"の愛称で注目されていた松井氏。当時の明徳義塾のエース・河野和洋氏も「打たせない作戦だった。松井くんに打たれるとチームが乗ってしまう」と振り返り、「彼の前後の打者をどう打ち取るかを研究していた」と明かしている。

今回番組では、松井氏への敬遠を指示した明徳義塾の馬淵史郎監督が、初めてこの真相を告白。馬淵監督は「なぜやったか、と聞かれれば、勝ちたかったから」と断言し、「松井くんに恨みなどない。ただウチが勝ちたかったからです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.