くらし情報『昆夏美&山崎育三郎の生歌を"ディズニー音楽の巨匠"絶賛!「素晴らしい才能」』

2017年3月29日 16:33

昆夏美&山崎育三郎の生歌を"ディズニー音楽の巨匠"絶賛!「素晴らしい才能」

昆夏美&山崎育三郎の生歌を"ディズニー音楽の巨匠"絶賛!「素晴らしい才能」

ディズニー映画『美女と野獣』(4月21日公開)の来日記者会見が29日、都内で行われ、名曲「美女と野獣」を生み出したディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンと、本作の監督ビル・コンドンが出席。また、プレミアム吹替版でベル役、野獣役を担当する昆夏美と山崎育三郎も駆けつけ、アラン・メンケンとコンドン監督に感謝を込めて「美女と野獣」日本版デュエットソングを生熱唱したほかアラン・メンケンによる『美女と野獣』の名曲ピアノメドレーまで行われ、豪華な記者会見となった。

全世界で興行収入700億円を超え、2017年公開作品でNO.1の大ヒットを記録している本作は、『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演に迎え、不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』を、ディズニー自身が実写映画化した話題作。1991年のアニメーション版に忠実に、その世界観をリアルに掘り下げた本作は、全米を皮切りに大多数の観客の支持を獲得している。

実写化にあたってこだわった点を聞かれたコンドン監督は、「古典で完璧な映画なので、それをなぜ今作るかと言うと、すばらしい音楽などに理由があります」とコメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.