くらし情報『フランスで話題の日本"bento"店「mussubi」でフランス人が好きな弁当を調査』

2014年4月23日 14:13

フランスで話題の日本"bento"店「mussubi」でフランス人が好きな弁当を調査

フランスで話題の日本"bento"店「mussubi」でフランス人が好きな弁当を調査
世界では今、日本の"bento"が注目されている。そもそも外国には弁当という文化はなく、外に持っていくランチボックスといえば、ちょっとしたサンドイッチにフルーツと特に手の込んだものではない。この日本の弁当文化に、最初に目をつけたのはフランスであり、その後、イギリスやドイツ、アメリカなどにも伝播していった。そこで、フランス人たちは日本のどんな弁当の具を好むのか調べてみた。

○見るからに愛らしい日替わり弁当

フランス人の日本の弁当への熱は、どの方向に向かっているのか。パリに店舗を構える、日本人女性による「mussubi(ムスビ)」という弁当屋の日替わり弁当「bento special」(13ユーロ、約1,840円)のうち、人気の具をうかがった。

「bento special」で人気の主菜
・鮭の照り焼きレモン
・野菜とおからのガレット生姜醤油ソース(ベジタリアン)
・タラの西京焼き
・さつまいもとかぼちゃの種のガレット(ベジタリアン)
・糸こんにゃくとパプリカの味噌春巻き(ベジタリアン)
・タラの香草パン粉焼き

日替わり弁当の「bento special」は、おむすび3種とおかず6種がちょっとずつ入っているという弁当だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.