くらし情報『TAKAHIRO、初舞台は円形劇場に「ムラムラ」共演者も演技センス絶賛』

2017年6月22日 18:51

TAKAHIRO、初舞台は円形劇場に「ムラムラ」共演者も演技センス絶賛

TAKAHIRO、初舞台は円形劇場に「ムラムラ」共演者も演技センス絶賛

ボーカル&ダンスグループ EXILEのTAKAHIROが22日、東京・品川プリンスホテル クラブeXで行われた主演舞台『MOJO』の公開稽古、および囲み取材に、共演の波岡一喜、木村了、尾上寛之、味方良介、横田龍儀、演出・上演台本を務める青木豪とともに登場した。

同作はイギリスで活躍し、映画『007/スペクター』の共同脚本も手がけるジェズ・バターワースのデビュー作で、イギリス演劇界最高の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた。1950年台後半のロンドンのアトランティック・クラブの6人の男たちを描く。TAKAHIROは、どうしようもない歪みを抱えながらどこかカリスマ性のある男・ベイビーを、独特の存在感で演じた。

舞台初挑戦で初主演となるTAKAHIROだが、円形劇場での挑戦に「一言で言うと、ムラムラ。すごい近いですし、横からも後ろからも見れるというのもありながら、皆さんの目線がちょうど……」と股間の辺りを指すと、共演者からも「そこしか使われないから!」と注意が飛ぶ。「30公演あるので、各々の下半身のポテンシャルも注目していただければ」と続け、周囲を笑わせた。

EXILEのメンバーについては「たぶん来てくれると思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.