くらし情報『相田翔子、Wink30周年の今年は「昔に思いを馳せて大切に過ごしたい」』

相田翔子、Wink30周年の今年は「昔に思いを馳せて大切に過ごしたい」

2018年3月8日 10:00
 

相田翔子、Wink30周年の今年は「昔に思いを馳せて大切に過ごしたい」

歌手で女優の相田翔子が7日、都内で行われたトークベント「オトナのためのメガネレンズ ニコンの累進レンズでピントの合った毎日」に出席した。

トークイベント「オトナのためのメガネレンズ ニコンの累進レンズでピントの合った毎日」に出席した相田翔子

ニコン・エシロールは、眼の健康や調節力の大切さ、ひとりひとりの眼の個性に合うメガネレンズ選びの大切さを訴求するためのイベントを開催。同イベントにスペシャルゲストとして相田翔子が登場し、「人生が変わる累進レンズの世界」をテーマにしたトークショーが繰り広げられた。

幼い頃から視力が良いという相田は「取り柄はそこぐらいしかないんですよ。最近は1.5から1.2。とても良く見えます。メガネやコンタクトに憧れますよね」と視力の良さをアピールするも、寝る前に暗い部屋でスマートフォンを見る影響か「急に小さい細かい字がボヤけるようになりました」と告白。すると同席していた眼科の梶田雅義医師から「暗いところで見ると疲れの原因にもなりますよ」と指摘された相田は、累進レンズを使用して人生で初めて作ったというメガネを披露して「私の目に合ったメガネを作ってもらいました。手元でスマホを見る時、良く見えます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.