くらし情報『6個以上該当する人は要注意!若年層に広がる「スマホ老眼」とは』

6個以上該当する人は要注意!若年層に広がる「スマホ老眼」とは

image


スマートフォン(以下・スマホ)やパソコンなどの使用で目の疲れを感じる、「スマホ老眼」が20〜40代の若年層で増えている。株式会社ファンケルヘルスサイエンスが20〜60代の男女1万8人に行った調査では、目の疲れがある人は全体の86.2%を占め、その原因として56.4%の人が「スマホやパソコンを利用したことによるもの」と回答。特に20〜30代で63%、40代でも59%が同様の回答で、スマホやパソコンの使用頻度が多い層に顕著な傾向が見られた。

眼精疲労分野に詳しい眼科専門医の梶田雅義先生は、「スマホ老眼」について次のように解説する。

「『スマホ老眼』とは、スマホの利用やパソコン作業などで目を酷使することで、一時的に老眼のように目のピント調節機能が衰えることをいいます。これは、『老眼』が始まる40代以降に多かった症状ですが、この数年、スマホの普及によって、10〜20代後半など若年層に増えています。『老眼』と『スマホ老眼』は、症状はよく似ていますが、原因は異なります。『老眼』は、加齢とともに目の水晶体が硬くなることで起こります。
一方で『スマホ老眼』は、年齢は若いので目の水晶体はやわらかい状態です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.