くらし情報『オスカー受賞・辻一弘氏『ワイドナ』出演! 過去に映画界離れた理由告白』

オスカー受賞・辻一弘氏『ワイドナ』出演! 過去に映画界離れた理由告白

2018年3月25日 11:55
 

関連リンク

・レイチェル・ワイズ48歳が妊娠 パパは『007』ダニエル・クレイグ50歳
・“超美形俳優”吉沢亮のギャップ続々 「A-Studio」出演
・城田優、大原櫻子の“ボディタッチ”を心配「その気になっちゃいますから…」酔った姿も明かす

米アカデミー賞で日本人初のメイクアップ&ヘアスタイリング賞(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)を受賞した辻一弘氏が、25日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)にゲスト出演し、映画界から離れていた理由について語った。

ワイドナショー』でレギュラーを務めるダウンタウン松本人志

これまで『もしも昨日が選べたら』(06)、『マッド・ファット・ワイフ』(07)で2度ノミネートされ、受賞を逃していた辻氏。その後は現代美術家に転身したが、同作で主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンからの熱烈オファーにより復帰した。

一時は離れていた映画界。その理由を聞かれた辻氏は、「いろんな理由があった」と切り出し、「わがままな役者と仕事をするのが疲れた。誰とは言わないですけど」と笑いながら告白。ある役者からは「昨日と違う」とクレームを入れられることもあったという。ゲストコメンテーター・武田鉄矢の「一流の人は待てる。俺はまだそこまでいってないけど」に、辻氏は「わりと大きい名前の人は文句が多いです」とぶっちゃけ、笑いを誘った。また、自分がやろうとしていることが周囲のスタッフの意見によって変わってしまうことがあったのも理由の1つで、「自分が作りたいものをちゃんと作りたいと思って辞めました」。

そんな辻氏はゲイリー・オールドマンを「あの人はすごいです。今まで仕事した中で一番紳士的。メイクの大事さも知っている」と絶賛する。メイク中に携帯や映画を観る役者がいる中、ゲイリー・オールドマンは余計な手間と時間がかかってしまうことを理解しているため、メイクが完成するまで何もせずじっと待っていたそうだ。ちなみに、同作で演じたウィンストン・チャーチルメイクは3時間15分を要するという。

辻氏からオスカー像を手渡され「思ってる以上に重いですね!」と興奮していたお笑いコンビ・ダウンタウン松本人志。役者に振り回されていた辻氏に「人に疲れちゃって……」と同情し、「なんでこんな番組に出ようと?」と出演の経緯を探ると、辻氏は「一応、この番組は見させてもらっています」と番組のファンであることを明かし、「すばらしい映画なのでみなさんに見てもらいたい」と呼びかけていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.