くらし情報『歌舞伎版『NARUTO』は「原作に忠実」 巳之助&隼人に原作者も太鼓判』

2018年4月27日 14:46

歌舞伎版『NARUTO』は「原作に忠実」 巳之助&隼人に原作者も太鼓判

歌舞伎版『NARUTO』は「原作に忠実」 巳之助&隼人に原作者も太鼓判

新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』の製作発表記者会見が27日に都内で行われ、坂東巳之助、中村隼人、演出のG2、松竹 副会長/演劇本部長 安孫子正が登場した。

同作は岸本斉史による人気コミック『NARUTO』を歌舞伎化。落ちこぼれ忍者のうずまきナルト(巳之助)が、うちはサスケ(隼人)らとともに、強大な敵・うちはマダラ(市川猿之助・片岡愛之助)に挑んでいく。

猿之助が主演を務めたスーパー歌舞伎II『ワンピース』の成功も記憶に新しいが、今回は新たに同じジャンプ作品である『NARUTO』を歌舞伎化。『ワンピース』出演でも注目を受けた2人が引っ張ることとなった。対となる役に、巳之助は「2人ともまだまだ若い頃から数多く共演してきた、同世代の中で珍しいレベルで共演してきた」と振り返り、隼人も「2人で看板としてやらせてもらうことになったので、お互い刺激を与えながら頑張っていきたい」と意気込んだ。

原作者からのメッセージも読み上げられ、岸本は「僕の描いた歌舞伎用のナルトとサスケのカット両キャラクター共に、新ビジュアルのお二人の立ち姿と脚の構えが偶然にも一致していた」と驚きを明かす。「おふたりと僕の中のナルトとサスケのキャラクターに対する捉え方にズレが無いということ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.