くらし情報『白濱亜嵐&平祐奈、映画『10万分の1』でW主演! ALSへの理解願う』

2018年10月26日 08:00

白濱亜嵐&平祐奈、映画『10万分の1』でW主演! ALSへの理解願う

白濱亜嵐&平祐奈、映画『10万分の1』でW主演! ALSへの理解願う

EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐と、女優の平祐奈が、映画『10万分の1』(2019年以降公開)でW主演を務めることが26日、明らかになった。

同作は宮坂香帆による、同名の人気コミックを実写映画化。累計120万部で、感動のクライマックスとなる最終巻(9巻)が本日発売される。剣道部所属のスポーツマンでイケメンのモテ男子・桐谷蓮(白濱)と、剣道部のマネージャーで中学からの仲良しグループのメンバー・桜木莉乃(平)。互いに意識し合い、付き合い始めるが、莉乃の体に異変が起き始める。もうすぐ動かなくなる莉乃の病気に、恋も友情も加速していく。

『植物図鑑運命の恋、ひろいました』の三木康一郎がメガホンを取り、今月クランクインした。三木監督は「原作を読み、ALSという病気に向き合って闘っていく若い2人の姿に心動かされました」と語る。映像化にあたっては「まず考えたのはリアリティ」と明かし、「病気と向かう心を深く、そして繊細に描いて行きたいと思っています。現在ALSという病気と闘っていらっしゃる方々に胸を張って見ていただける作品にしたい。そして、少しでも彼らのチカラになる作品にしたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.