くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第5回 秋元康氏「責任者なんだから」「しっかりやれ」AKS松村匠氏証言』

2019年3月24日 10:00

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第5回 秋元康氏「責任者なんだから」「しっかりやれ」AKS松村匠氏証言

――弁護士が同席しなかったのはAKS側の判断なのか。

松村:そういうことではございません。第三者委員会の先生の方が、記者会見はAKSに委ねるということでした。

――AKS側から同席を求めることはなかったのか。

松村:それはしましたけども、「それはAKS側に」ということでございました。

――第三者委員会側が判断して、今日の会見はAKS側がやることになった。

松村:はい。

――報告書の説明を十分にできると考えていた。

松村:一生懸命やらなければいけないなと思っておりました。

――報告書の中身について弁護士とどの程度やりとりしたのか。

松村:独立性という意味で、第三者委員会の先生とやりとりはしておりません。

――われわれが聞きたいのは、AKS側の対応もそうだが、報告書の中身が大部分を占める。今一度、対応について検討は可能か。

松村:はい。持ち帰ります。

――報告書には、握手会の「まとめだし」(多数の握手券を一挙に提出し、特定のメンバーと長時間にわたって握手をして会話することができる仕組み)が遠因になっているとあるが、指摘の通りなのか。

松村:握手会というのは、ファンのみなさまとメンバー、われわれ含めてですが、交流する大変貴重な場と思っております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.