くらし情報『稲垣吾郎、クリムト展で朗読風に生音声ガイド! 期間中に「何回も来たい」』

2019年5月14日 21:32

稲垣吾郎、クリムト展で朗読風に生音声ガイド! 期間中に「何回も来たい」

稲垣吾郎、クリムト展で朗読風に生音声ガイド! 期間中に「何回も来たい」

SMAP稲垣吾郎が14日、東京・上野の東京都美術館で行われた「クリムト展 ウィーンと日本1900」(~7月10日)の取材会に登場した。同展のスペシャルサポーターを務め、音声ガイドも担当した稲垣は、この日初めて展示を鑑賞。さらに生音声ガイドにも挑戦した。

昨年秋の舞台『No.9-不滅の旋律-』の再演を前に、ウィーンを訪れ、ベートーヴェンが暮らしていた家や墓地をめぐったほか、クリムトの作品も鑑賞したという稲垣。「華やかさや繊細さや圧倒的な存在感に心を奪われた」とそのときの感動を語り、同展のスペシャルサポーター就任に「非常に縁を感じています。大役を任されて光栄に思っています」と語った。

初挑戦の音声ガイドについても「本当に光栄」と喜び、「美術館なので、この場所をイメージしながら、出しゃばったまねはしたくないなって。美術鑑賞の邪魔をしてはいけないと思うので、さりげなく、聞き心地いいようにやらせていただきました」と説明した。

その後、同展のメイン作品のひとつである「ユディトI」前にて生音声ガイドを披露。「なんでしょうね、この緊張感は。美術館なので、重々しい雰囲気もあって、暗い感じでより緊張しますね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.