くらし情報『篠崎愛、艶やか着物姿で生歌唱「ぜひお仕置きしてほしい」人物とは?』

2019年6月20日 18:36

篠崎愛、艶やか着物姿で生歌唱「ぜひお仕置きしてほしい」人物とは?

篠崎愛、艶やか着物姿で生歌唱「ぜひお仕置きしてほしい」人物とは?

歌手でグラビアアイドルの篠崎愛が20日、都内で京楽産業.の新機種「ぱちんこ 新・必殺仕置人」プレス発表会に出席した。

KYORAKUのフラッグシップマシン「ぱちんこ 必殺仕事人」シリーズでお馴染みの中村主水と共に最強の仕置人として人気の高い「念仏の鉄」をメインキャラクターに据え、7月22日から全国のパチンコホールに導入される「新・必殺仕置人」。篠崎は、「頼み人・おしの」として登場するほか、演出に使用される6曲を歌唱している。

発表会には役衣装の艶やかな着物姿で登場し、「夜空の慕情」「あかね雲」の劇中歌2曲を生披露。司会者とのトークセッションでは、「しっかりとした着物を着させていただいたのですが、正座をして頼むんですね。そのシーンが結構つらくて」と笑顔で撮影を振り返り、特に涙を流すシーンは印象深かったという。

また、「念仏の鉄」「中村主水」「鋳掛屋の巳代松」の共闘がテーマになっていることに関連して、司会者から「誰にお仕置きされたいですか?」と聞かれると、「3人共それぞれの良さがあって本当にステキなんですけど」と前置きし、「強いて言うなら、鉄さんのシブかっこいい感じ。本当にステキだなと思ったので、鉄さんにぜひお仕置きしてほしいなって思います」と素直に答えて、会場の笑いを誘っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.