くらし情報『「富岡製糸場」の世界遺産認定を記念しホンモノの"絹"でできた号外を配布』

2014年6月23日 16:00

「富岡製糸場」の世界遺産認定を記念しホンモノの"絹"でできた号外を配布

――「富岡製糸場」ですから、やはり絹なんですね。

そうです。使用されている絹は100%国産で、ほぼ群馬県産のものですよ。

――これほどハイクオリティの絹新聞特別号を作るにあたり、どんな点で苦労しましたか?

やはり印刷ですね。紙と違い表面がデコボコしているので、印刷するのはかなり難度の高いものでした。

――今回は、絹への印刷という難しいことにチャレンジされたわけですが、今後はどのようなことを企画されていますか?

次は絹に印刷するのではなく「新聞を織る」ということにチャレンジしたいと考えています。

――なるほど!じゅうたんのように色付きの絹を織り込んで、新聞の文字や写真を浮き上がらせるのですね!

そうなります。技術的に難しいので少し時間はかかりそうですが、秋口くらいにはお見せできるようにしたいと思います。

――楽しみにしています!

日本の製糸技術の向上に大きく貢献した富岡製糸場。今回の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録によって、さらに多くの人に注目されることだろう。この夏は、ぜひ世界遺産見学に出掛けてみてはいかがだろうか?

(貫井康徳@dcp)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.