くらし情報『ゆるキャラグランプリを逃した家康くん、ちょんまげ切り落とし"出家大名"に』

2013年12月19日 07:00

ゆるキャラグランプリを逃した家康くん、ちょんまげ切り落とし"出家大名"に

ゆるキャラグランプリを逃した家康くん、ちょんまげ切り落とし"出家大名"に
浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」が18日、"うなぎのちょんまげ"を切り落とし、「出家大名家康くん」に改名した。

出世大名家康くんは、浜松"福"市長の肩書きを持つ静岡県浜松市のマスコットキャラクター。浜松市から出世し、天下統一を成し遂げた徳川家康公の生まれ変わりという設定。うなぎのちょんまげ、みかんの家紋、ピアノの鍵盤の袴など浜松市の名物がデザインされている。

家康くんは、「ゆるキャラグランプリ2013」に向けた8月6日の"出陣式"で、同グランプリで1位をとれなかった折には出家大名へと改名すると公約。11月24日に発表された同グランプリの結果が準グランプリとなったことを受け、公約通りこの日の"出家の儀 断髪式"の開催に至った。

○"出世大名"から"出家大名"に改名

断髪を前に家康くんは「自慢のちょんまげには、本当に本当に申し訳なく思っておるのじゃ。しかしちょんまげを落としたとて、うなぎを思う、浜松を愛する気持ちは変わらぬ。浜松の"やらまいか"精神にはやるときはやる凄みがあるのじゃ。出家してからも拙者の活躍と浜松のPR活動をぜひぜひご声援お願い申しあげまするのじゃ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.