くらし情報『新津ちせ、映画主演で大人顔負け挨拶! 柴犬登場で笑顔弾ける』

2019年10月19日 20:09

新津ちせ、映画主演で大人顔負け挨拶! 柴犬登場で笑顔弾ける

新津ちせ、映画主演で大人顔負け挨拶! 柴犬登場で笑顔弾ける

映画『駅までの道をおしえて』(公開中)の公開記念舞台挨拶が19日に都内で行われ、新津ちせ坂井真紀滝藤賢一市毛良枝塩見三省橋本直樹監督、ルー(柴犬)が登場した。

同作は伊集院静の短編を実写映画化。愛犬・ルーとの別れを抱える少女・サヤカ(新津)が、老人・フセや、ルースと出会う。現在、Foolinの最年少メンバーとして、「パプリカ」もヒット中の新津が主役を務めたが、オーディションで選ばれ、ルーとは1年半一緒に過ごしたという。

「本日は本当によろしくお願いいたします。こうしてたくさんの方々に観ていただけて本当に嬉しいです」と大人顔負けに挨拶をした新津。親子役を演じた滝藤は「最初に3人(滝藤、酒井、新津)の時間をいただいて、マンションの部屋で1時間くらいともに過ごす時間をいただいたので、自然と家族になって行けた」と撮影を振り返る。酒井は「ちせちゃんがドアを開いて、お父さんとお母さんとして育ててくれましたね」と感謝した。

新津は「ルーは本当にすごいかわいくて、ルーと遊ぶのが楽しかったです。別れる時はすごいさびしくて、わーって泣いちゃいました」と語る。塩見は「彼女の考えてることと、私の考えてたことが一つになった瞬間があったんですけど、こんな時間が新津さんと一緒に持てるんだ、幸せな時間だなって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.