くらし情報『市川海老蔵、Snow Man宮舘&阿部は「非常に熱心にお稽古」 共演舞台に期待』

2019年11月4日 16:21

市川海老蔵、Snow Man宮舘&阿部は「非常に熱心にお稽古」 共演舞台に期待

市川海老蔵、Snow Man宮舘&阿部は「非常に熱心にお稽古」 共演舞台に期待

歌舞伎俳優の市川海老蔵が4日、都内で行われた第五回自主公演『ABKAI 2019~第一章FINAL~』の公開舞台稽古に、ジャニーズJr.内ユニット・Snow Manの宮舘涼太阿部亮平らとともに参加した。

“現代のかぶき者”十一代目市川海老蔵が、“伝統の継承”と“新時代の歌舞伎の創造”を融合させた舞台を目指し、2013年夏、初めて自らが企画・製作を行った『ABKAI』。5回目、そして十一代目市川海老蔵として最後となる今回、以前より海老蔵が構想を温めていた「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)」より、「実盛物語」を主軸に『SANEMORI』と題し、新たな歌舞伎の舞台を創り上げた。

若かりし日の実盛が駒王丸(源義仲)と光盛に出会い、将来、光盛に討たれることを予見させるというストーリーをもとに生まれ変わった『SANEMORI』。海老蔵は、源頼朝の霊、頼朝の弟・先生義賢、実盛の3役を演じる。義賢が大勢の敵に囲まれる場面では、襖も使ったダイナミックな立ち回りと最後の力を振り絞る迫真の演技を披露。また、実盛としては若き日から年老いた白髪姿まで演じ、馬に乗った堂々とした姿も見どころとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.