くらし情報『トマトは二日酔いに効く!? 飲酒後の血中アルコール濃度低下効果を実証』

2012年5月30日 14:42

トマトは二日酔いに効く!? 飲酒後の血中アルコール濃度低下効果を実証

トマトは二日酔いに効く!? 飲酒後の血中アルコール濃度低下効果を実証
アサヒグループホールディングスとカゴメは、飲酒時にトマトを一緒に食べることで、血中のアルコール濃度が低下することを、ヒトによる試験により明らかにした。

同研究結果は5月18日~20日の、第66回「日本栄養・食糧学会大会」(宮城)にて発表された。

アサヒグループとカゴメは2007年2月に業務資本提携し、2009年よりアルコールと野菜の関係について共同で研究に取り組んでいる。

これまで、両社の共同研究によって、トマトの投与がアルコール代謝を促進させることが動物実験によって明らかとなった。

今回はヒトでの効果の検証と、そのメカニズムの探索を行ったもの。

ヒトにおいてトマトジュース缶3本(約160ml×3本)と焼酎甲類(ストレート約100ml)の同時摂取試験を適正飲酒量にて実施したところ、トマトジュースを飲んでいない場合(対照として水と焼酎甲類を摂取)と比較して、血液中のアルコール濃度が顕著に(最高血中濃度として約3割)低下することを確認した。

また、計算上、体内にとどまるアルコール量が約3割減少した。

さらに、トマトジュースを飲んでいない場合ではアルコール消失に5時間要したのに対し、トマトジュースを飲んだ場合では4.2時間となり、約50分早まった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.