くらし情報『鹿児島ラーメンは黒豚こってり系ではなく、あっさり系の歴史がある』

2012年10月23日 11:13

鹿児島ラーメンは黒豚こってり系ではなく、あっさり系の歴史がある

鹿児島ラーメンは黒豚こってり系ではなく、あっさり系の歴史がある
黒豚で有名な鹿児島。

当然、ラーメンはこってりかと思いきや、意外にも昔からあっさり系が主流だという。

真偽のほどを確かめるため、早速、鹿児島へ飛んだ。

九州はこってり系ラーメンの聖地。

当然、黒豚料理が有名な鹿児島もこってり系だと思ったら大間違い。

地元の人に聞くと、昔から鹿児島ではあっさり系が主流だという。

また、みそ系も人気があるのだとか。

市内で自営業を営むコバさんは、あっさり系ラーメンを高校時代から毎日のように食べていたという。

「『のり一』というラーメン屋さんが、市内随一の飲食店街・山之口町界隈にあるのですが、私はここのラーメンで育ったようなもの。

当時は1杯50円でね、毎日のように食べていました」。

えっ、50円!?コバさんは現在61歳だそうで、「のり一」に通っていたのは昭和40年代。

ビールが120円、牛乳が20円という時代だ。

その時代に50円とはかなり安いではないか。

となると、現在の「のり一」の値段設定が気になるところ。

早速店にうかがったところ、ラーメン(中)がなんと300円ではないか!この値段でラーメンが食べられる店はそうそう他にないのでは?いただいてみると確かにあっさりした鶏ガラベースの味。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.